ホーム  >  ウレシぱファームのお米  >  ウレシぱファームのお米はなぜ美味しい?

ウレシぱファームのお米

ウレシぱファームのお米はなぜ美味しい?

美味しいお米づくりに適した自然環境

<土壌環境>
ウレシぱファームの水田はニセコ連峰の麓の高台丘陵地に連なっています。この地は良質の雪で有名なニセコ連峰の山々や国立公園の羊蹄山に囲まれ、冬は豪雪地帯に指定されるほど雪が降り積もります。その雪に覆われた土壌ではバクテリアが凍結により休眠することなく冬の間も活動し続け春の田植えに備えます。

<土質>
ウレシぱファームの水田は重粘土質で一般的には地力は低いと言われます。ただ、それゆえ不足成分を補給する肥料のコントロールが効き食味に良い環境を作り出すことが可能です。肥沃な土壌はコントロールが出来ないとも言えます。

<水質>
良質なパウダースノーで有名なニセコ連峰からの雪解け水は目国内川を経由して水田に流れ込みます。この川の本流となる尻別川は日本の清流NO.1に7回も選ばれる程きれいな水で稲の生育に必要な栄養分を供給します。

<日照環境と寒暖差>
標高200mは北海道では限界といえる高さでの稲作で、常に冷害のリスクと背中合わせである半面、高い場所は日照も強く、それゆえ昼夜の寒暖差も大きく、日中光合成によりつくられたデンプンが夜間に放出されることなく旨みを閉じ込めます。

お米づくりへの生産者の姿勢

北海道のお米はうまくない、と言われてきました。
なんとか美味しいお米を作ろうと100年以上の歴史を重ね毎年毎年満足することなく、美味しいお米作りへの強い意識と実行力の積重ねにより、今は本州の米どころに追いつき追い越せの精神でついに本州には負けない食味のお米を作るまでに至りました。

  生産者の姿勢

ページトップへ